形容詞、形容動詞

形容詞・形容動詞とは何でしょうか

「形容詞」と「形容動詞」は物事の性質や状態を表すときに使います。自立語であり、活用があります。また、単独で述語や修飾語になることができます。

さらに、助詞や助動詞などの付属語を伴うことで、主語や接続語にもなることができます。名詞が体言と呼ばれるのに対し、形容詞、形容動詞、これに動詞を加えたものを「用言」と呼びます。

形容詞と形容動詞を見分ける

「形容詞」と「形容動詞」はよく似ていますが、言い切りの形に注目することで見分けることができます。「形容詞」は「い」で終わり、「形容動詞」は「だ」「です」で終わります。

活用を知ろう

「形容詞」と「形容動詞」の活用は基本的に、

  • 未然形:後に「う」が続く形

  1. 形容詞:かろ
  2. 形容動詞:だろ
  • 連用形:後に「た」「ない」「なる」が続く形

  1. 形容詞:かっ、く(う)
  2. 形容動詞:だっ、で、に
  • 終止形:後に何も続かず言い切りの形

  1. 形容詞:い
  2. 形容動詞:だ
  • 連体形:後に「とき」が続く形

  1. 形容詞:い
  2. 形容動詞:な
  • 仮定形:後に「ば」が続く形

  1. 形容詞:けれ
  2. 形容動詞:なら

の5つです。

例えば、
形容詞「美しい」+「ば」=「美しければ」
形容動詞「静かだ」+「とき」=「静かとき」となります。

正しい活用を覚えて、使いこなしていきましょう。