出版社と編集プロダクション

編集者やライターが働く場所は、出版社、編集プロダクションのほかにも、新聞社、ウェブ媒体、フリーランスなどがあります。今回は、なかでも仕事内容が似ている「出版社」と「編集プロダクション」の違いを見てみましょう。

出版社とは何をするところ?

出版社とは

本や雑誌をつくるという点では、出版社と編集プロダクションの仕事内容は、ほぼ同じです。書籍、雑誌、マンガなどの企画、取材、執筆、編集、校正、さらにデザイン事務所や印刷所とのやりとりを行い、読み物をつくります。

では、出版社と編集プロダクションは、何が違うのでしょうか。

出版社は、書籍、雑誌、マンガなどの発行物に関して、出版権、版権などと呼ばれる複製や販売の権利を占有します。例えば、賞を受賞した書籍の売れ行きが伸びると判断して増刷する場合、増刷する権利は、出版社がもちます。編集プロダクションは、通常、版権を持ちません。

書籍や雑誌の奥付を見ると、発行所、または発行元として記されているのが、出版社です。

ただし、全日本空輸(ANA)の機内誌『翼の王国』のように、雑誌のなかでも企業広報誌の発行元は、その企業、すなわちANAとなります。

出版社の種類

出版社には、講談社、小学館、新潮社、岩波書店など大手から、ダイヤモンド社、サンクチュアリ出版など中堅、さらに、山岳や自然専門の山と渓谷社、料理や育児、ファッション専門の主婦の友社、教科書や歴史専門の山川書房など、専門分野に特化したものなどがあります。また、NTT出版、朝日新聞出版など親会社をもつ出版社もあります。

大手出版社は、手広く出版物を手がけていますが、東洋経済新報社は経済、幻冬舎は文芸など強みをもつ分野があり、それぞれの立ち位置があります。

出版社の内部

大手の出版社は、発行物をつくるところから読者に届けるところまですべてに関わります。したがって内部には、編集部だけではなく、総務や経理、営業などの部署があります。企業によっては、広告、写真、校正などの部を分けている場合もあります。つまり、出版社勤務と一言でいっても、すべての社員が編集やライティングの仕事をしているわけではなく、業務内容はさまざまです。

出版社の編集部の仕事

出版社の編集部には、書籍編集部、雑誌編集部などがあります。書籍編集部のなかでも、単行本、新書、文庫、ノンフィクション、児童書、辞典などを分けている場合もあります。

書籍編集部の編集者は、具体的に何をしているのでしょうか。例えば、「いま問題のA企業の不祥事について詳しいB先生に、内情を書いてもらおう」など、さまざまな視点から企画を立て、社内で企画を通すと同時に、当該の先生に執筆依頼をし、原稿を書いてもらいます。取材先との調整を行うこともあります。そのほか、イラストレーターやカメラマン、デザイン事務所、印刷所とのすり合わせをはじめ、本をつくるために必要なことは何でもやります。

雑誌編集部の編集者は、たいてい「雑誌」に所属する形となります。いろいろな雑誌を、数年ごとに異動する場合が多いようです。やはり、企画を考え、社内で通すと同時に執筆を依頼したり、自ら取材して記事を書いたりします。

書籍も雑誌も、分野はさまざまです。文芸が好きでも経済を担当したり、経済が好きでも芸能を担当するなど、希望の仕事ができないのは、よくある話です。

社内に詳細を書ける人がいない場合など、編集プロダクションやフリーランスのライターなどに依頼するケースもしばしばあります。

編集プロダクションとは何をするところ?

編集プロダクションの種類

編集プロダクションは、出版社と同じく本や雑誌をつくっています。ただし、基本的には版権を持たず、出版社や版元の下請け業務を行います。規模は小さく、多くとも50人ほどです。10人以下や、片手に収まる人数で仕事をしている編集プロダクションもたくさんあります。

編集プロダクションの仕事内容

編集プロダクションは、広告や販売は行わず、内部には編集部しかない場合がほとんどです。つくるものは、出版社の発行する書籍のほか、企業の広報誌やフリーペーパーなどさまざまです。

仕事の内容は、出版社と大きくは変わりません。例えば企業広報誌であれば、特集の企画、取材先の選定、取材依頼から取材、原稿の執筆などを行います。さらに、連載小説やコラム欄などは、小説家やエッセイストに執筆依頼をしたり、イラストレーターにイラストの依頼もします。校正に加え、発行元、デザイン事務所、印刷所とのすり合わせなども行います。

原稿の種類によっては、外部のフリーランスのライターなどに依頼するケースもしばしばあります。

市場環境について

出版社、編集プロダクションともに、市場環境は決していいとはいえません。国内は出版不況といわれ、紙の書籍や雑誌はどんどん売れなくなっています。2015年の雑誌と書籍の売上高は、1996年の6割以下です。

そのため、出版社は、企業の社史の編集を行ったり、企業とのタイアップ記事を企画して企業から広告収入を得るなど、クライアントを持って仕事をするケースも増えています。

そして、紙媒体にかわって、ウェブ媒体が台頭しています。最近は、紙媒体からウェブ媒体へと転職する編集者やライターも多いです。出版社でも、ウェブ媒体をもったり、デジタルコンテンツ事業を手掛けるところが増えていますし、ウェブ媒体の編集を手がける編集プロダクションも多くあります。いずれにせよ、編集者には、読まれる本や雑誌、ページの企画を立てる力が求められます。

働き方について

出版社に正社員として勤務するのは、かなりの狭き門です。大手出版社ともなれば、ほとんどが有名私立大学か旧帝大の出身者です。

出版社も編集プロダクションも、必要に応じて派遣やパート、アルバイトなどの採用を行っています。例えば、アルバイトであれば、資料の整理やアンケートの集計、経理業務、音声の文字おこしなどを行うことが多いようです。ただし、出版社において正社員以外から正社員になる道は、ほぼ期待できません。

その点、編集プロダクションの入り口は出版社ほど狭くありません。業界的に人の異動が多いほか、アルバイトにきていた学生をそのまま採用という例も耳にします。ただし、収入や福利厚生といった労働条件は、出版社と比較して安定していないのが実情です。

編集者やライターを目指すなら

編集者やライターのなかで、一般的に思われているような華々しいイメージの仕事をしている人は、ほんの一握りです。残りの99%以上は、地味な仕事をしていると考えて間違いありません。しかも現代は、先の見えない出版不況です。出版関連産業は、斜陽産業といわれても仕方がない状況です。

それでもなお、編集やライティングに携わりたいという人は、出版社や編集プロダクションの門を叩いてみてはどうでしょうか。

弊社では、随時ライターを募集しているので、フリーライターとして活動していきたいと考えていらっしゃる方は、ぜひ「フリーライターのよりどころ」にご登録ください。